景色を守って強くする

 



こんにちは!

春の足音が聞こえてきて過ごしやすい日が増えましたね。

木の芽時を感じる日常になりました。

先日の地震は大丈夫でしたか?


今回は、台風や地震といった災害時に窓ガラスの飛散を防止する

ウィンドフィルムをご紹介したいと思います。



事前に対応できる台風などの対策には養生テープで行う目張りが有名ですが

いつ起こるか分からない地震対策には

貼りっぱなしにすることが難しく不向きです。




ガラスの中にワイヤーが入っている「網入りガラス」は

ガラスが割れた際に周りに破片の落下を抑える効果があります。

その為、防火地域の建築物での使用が義務付けられています。

しかし、網入りガラスは以下の原因によって熱割れを起こしやすいです。

〇直射日光による熱

〇部分的な日向・日陰によるガラスの温度差

〇カーテンやブラインドによる日光の反射、熱がこもる

〇雨水による網部分の錆


また、金属が入っている見た目から、強度がありそうに思えますが普通のガラスと変わらないです。

強化ガラスは、割れにくいですが

割れてしまえば一般的な窓ガラスのように粉々に割れ飛び散ります。


一般的な窓ガラスを、網入りガラスに取り換えるのは大掛かりになってしまいますが

ウィンドフィルムは既存の窓ガラスにフィルム貼るだけで飛散防止効果を得られます。

賃貸物件や、建売などの既存の窓ガラスにも施工でき、見た目や視界を損なわずに施工できおススメです。


災害対策以外にも、

家具が倒れガラスが割れてしまったり、

転倒などの不慮の事故、

遊びたい盛りのお子様を守るのにも

この機会に取り入れてはどうでしょうか?



クランツで扱っているウィンドフィルムでは

飛散防止だけでなく、UVカットや採光機能、防虫機能つきの物もあります。

暖かくなっていくにつれて気になる紫外線や虫対策もでき

日中でも暗いお部屋を明るくしてくれます。






お見積りや質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。