ホワイトボードの盛り付け

 


施工期間の短さと、とびきりの高級感が自慢です!

下地が響かず、改装やリフォームなど、壁紙の張替えにもおススメ。

Dボードのサイズ、形を変えるだけで、色々なデザインが楽しめます☆

こだわりをもった空間に仕上げましょう。


Dボードとは、珪酸カルシュウム板に化粧塩ビシートを貼った物のことです。




材料(今回の場合)


ホワイトボード    1.8×05m 1枚

(Dボード加工済み)   1.8×0.9m 1枚

     1.8×0.8m 1枚 

  1×1.3m  1枚

         1×2.2m  2枚

目地テープ    幅20㎜の物  1巻き 

両面テープ     適量

ボンド       適量




ホワイトボードを用意する




目地テープを貼る。

ホワイトボードを壁に貼る時に作る隙間(目地6㎜)を、

ホワイトボードシートと同じ素材で貼る。


まっすぐ綺麗に貼るの鉄則です。






ホワイトボードの裏面に両面シートを貼り

ボンドを塗る。


うねうねとボンドを塗って行きます。





4

ホワイトボードを貼る。


傾かないように貼ります!!職人技です。




一人では難しいサイズや、場所は二人でやるとスムーズです。

縦にも横にも使用できます。

今回は白色の単色ですが、木目や抽象、タイルなど柄に個性がある場合は

向きを変えるだけで印象が変わって見えます。




完成です!!




今回の施工ではホワイトボードシートをDボードに加工した物を使用しました。

このDボード

平らな壁であれば、どんな場所でも仕上げる事が出来ます。

大きな穴や、深い傷の上に貼るのは難しいですが、

決まった場所に穴を開け、くり抜く事は出来るので

コンセントや配管の関係は問題ありません。

貼る場所の状態が悪くても(凸凹や、引っ掻いたような傷)

下地を塗りなおす必要がないので短期間で綺麗に仕上がります。


エレベーターホールやエントランス、社長室、応接室に使用されることが多く

他のお部屋との差をつけ、作りこまれ洗礼された高級感が演出できます。

ホテルや、オフィス、商業施設のアクセントとしても選ばれることが多いです!


是非、周りのDボードを探してみてください!