自宅をホテルの「あの空間」に。高級ホテルに学ぶ内装のポイント

 

豪華な部屋に泊まって最高のサービスが受けられる高級ホテルは、多くの方の憧れです。中には、宿泊した際に感動し、「自宅もホテルのような雰囲気にしたい!」と考えている方もいるでしょう。そのような時は、まず内装を工夫してみるのがおすすめです。ここでは、自宅に高級ホテルの雰囲気を取り入れるためのポイントをご紹介します。



■ホテルライクなインテリアは非日常感でつくる



高級ホテルが魅力的な理由の1つであり、ホテルライクなインテリアを作りたい時のキーワードでもあるのが「非日常感」です。高級ホテルの部屋はただ寝泊まりするだけのスペースではなく、忙しい日常から解放され、リフレッシュできるように作られています。そのため、客室はもちろんエントランスからエレベーター内に至るまで、あらゆる場所の内装が徹底的に計算されているのです。


非日常感を作り出す上で重要となり、一般の住宅でも再現可能な要素としては「部屋の広さ」が挙げられます。ホテルの客室に入った時、一目で「広い!」と感じたことのある方は多いのではないでしょうか。これは単に空間が広いだけでなく、インテリアのデザインや配置が工夫されているからです。この点を取り入れれば、一般住宅でも広々とした部屋を作れます。


そして、非日常感を生み出すもう1つのポイントが「高級感」「質の高さ」です。高級ホテルのインテリアはいずれも選び抜かれており、高機能かつデザインも秀逸なものがそろっています。自宅で高級品をそろえるのは難しいかもしれませんが、雰囲気を再現することは十分可能です。以下の項目では、非日常感を作る具体的な方法を見ていきましょう。



■お部屋を広く見せるポイント-家具と壁紙



自宅の部屋をホテルのように広く見せるためのポイントは、部屋の面積やドア・窓といった開口部に対して、あまり大きすぎない家具を選ぶことです。こうすると、遠近法の効果によって部屋が実際よりも広く感じられます。なるべく余分なものを床に置かないよう、収納付きのベッドやキャビネットを使ったり、テレビを壁掛け式にしたりするのもいいでしょう。


また、「視界の抜け」を作ることも重要です。視界を遮るものがなく一直線に見通せる場所が多いと、やはり空間が広く感じられます。ロースタイルの家具を使うのはもちろん、透明なガラス素材の家具を多用したり、鏡をさりげなく配置したりするのもおすすめです。スムーズに動くための動線も確保すると、体感的にも広さを感じられます。


さらに、壁紙にも注目してみましょう。白系統や暖色系といった「膨張色」の壁紙を使うと、空間がより広く感じられます。清潔感を兼ね備えた白の壁紙が基本ですが、あまり白ばかりだと落ち着かない空間になってしまうため、全体のバランスが大切です。引き締めたい場所の壁紙や家具はモノトーンカラーを使うと、白と黒がよくまとまった都会的な雰囲気になります。



■高級感を決めるポイント-カーテン・照明



ホテルの高級感を再現する際、ぜひこだわっていただきたいのがカーテンです。カーテンはリビングやベッドルームでも大きな面積を占め、高級ホテルならではの重厚感の演出に一役買っています。


そこで、自宅をホテルライクにしたい時も、程よい厚みのあるカーテンを使うといいでしょう。柄物はカジュアルな雰囲気になってしまうので、無地かストライプ柄程度がおすすめです。加えて2倍ヒダ(3ツ山)のものを選ぶと、ボリュームが増して高級感が出ます。


また、高級感の演出に欠かせないのが照明です。一般住宅の主照明としてよく使われるのは円盤型のシーリングライトですが、これを埋め込み式のダウンライトにすると、天井の凹凸がなくなって落ち着いた雰囲気になります。


さらに、間接照明も活用してみましょう。ホテルでは、主照明以外の照明に間接照明が使われていることが多く、穏やかな明かりと陰影によってムードを演出してくれます。小ぶりなテーブルランプやフロアランプなどを、オブジェも兼ねて配置するのもおすすめです。昼と夜、どちらでもホテルの雰囲気を楽しめる空間を作り上げましょう。



東京都を拠点とする株式会社クランツは、東京都内に限らず全国各地で、一般住宅やマンション、オフィス、ホテルなどの内装デザインや仕上げ工事を行っています。インテリアデザインも得意としており、寝室へのカーペットの導入に合わせてオーダーメイドカーテンを入れるなど、お部屋全体のトータルコーディネートも可能です。ホテルライクなお部屋を作りたい時は、ぜひご相談ください。