家具やパーテーションにも施工可能! 化粧塩ビシートの特徴を紹介

 


皆さんこんにちは。

東京都品川区を拠点とし、一都三県をメインにマンションやオフィス、ホテルの内装デザインや仕上げ工事を行っている株式会社クランツです。

今回は、弊社が得意としている「化粧塩ビシート」の魅力をご紹介します。




■化粧塩ビシートは多彩な質感を再現。壁にも家具にも施工可能


皆さんは、部屋の内装をガラッと変えた時、これまであった建具や家具と雰囲気が合わなくなってしまった経験はありませんか? 内装はなるべく全体のバランスを考えて選ぶのが理想ですが、なかなかうまくはいかないものです。検討の段階ではよさそうに見えても、実際にやってみると何だかイメージと違った……というケースは少なくありません。


かといって、壁紙を貼り直したり家具・建具を新調したりすれば、費用や手間がかかってしまうでしょう。そこでおすすめしたいのが、設計の段階で内装仕上材として「化粧塩ビシート」を選ぶ方法です。化粧塩ビシートは、木目・石目・砂・革・織物・メタリックなど多彩な質感を再現した高級装飾シートで、壁に加え家具やドアにも貼ることができます。


よく比較される仕上げ材としてはビニールクロスがあります。ビニールクロスと比較すると、化粧塩ビシートの完成度は下地材の種類や精度に左右されるため入念な下地調整が必要です。そのため、高度な技術と知識のある業者に依頼をする必要がありますが、高級でハイセンスなインテリアに仕上がります。全体の雰囲気を統一し、簡易的にもならないためおすすめの素材です。




■オフィスのパーテーションの装飾でも、化粧塩ビシートが便利


化粧塩ビシートは、一般家庭だけでなくオフィスの内装工事でも活躍します。最近は新型コロナウイルスの影響もあり、オフィスを仕切るためのパーテーションや間仕切りを取り入れた企業様も多いのではないでしょうか。オフィス用のパーテーションの種類も決して少なくありませんが、どうしても簡易的な雰囲気になってしまいがちです。


化粧塩ビシートは、そのようなパーテーションにも施工可能。壁紙が木目であればそれに合わせたシートにする、パーテーションごとに色を変えてカラフルでポップな印象にする、ホワイトボードシートを貼って会議をしやすくする、などなど、デザインはたくさんございます。


さらに、キズや摩擦、衝撃、湿気に強く防火性も高いため、一度施工すれば長期間使い続けることが可能です。加えて低コストなので、あまり予算をかけずにオフィスの雰囲気を大きく変えることができます。今のような状況だからこそ、より快適でモチベーションの高まるオフィスを作ってみてはいかがでしょうか。


クランツでは化粧塩ビシート工事をはじめ、化粧パネル工事など専門知識を要する仕上げ工事に対応しています。メーカーごとに種類豊富な化粧塩ビシートをそろえ、ご要望に沿ったご提案をお約束します。内装仕上げ業者をお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひクランツまでお問い合わせください。


<化粧塩ビシートとは?>

https://clanz.jp/items#section_60754